製作道具・材料

卓上ツールボックス2が欲しい!けど売り切れなので自作してみた件【Like-it オーガナイザーワイド】

2018年10月27日

プラモデル作りのために道具を買いそろえたり、使えそうな道具を工具箱(車・バイク用)から引っ張り出していると、意外とかさばるようになりました。

そうめんが入っていた木箱をトレー替わりにドカッと道具類を置いて作業していたのですが、下に置かれた小さな道具を探すのが面倒なので、どうしたものかと思っていました。

で、ネットを徘徊している時に便利そうな木製の卓上ツールボックス2という商品を発見!

しかし人気商品のようで販売店サイトではずっと入荷待ち状態です。

机上が散らかったままプラモデル作りをするとストレスが溜まるので、文具用のツールスタンドを買いプチ改造してツールスタンドを自作しました。

スポンサーリンク

一目惚れ! G PARTS 卓上ツールボックス2 (木製)

G PARTS 卓上ツールボッス2

ネットを徘徊していて一目惚れしたのがこれ、G PARTSさんの卓上ツールボックス2(木製)です。

どうです?いい感じじゃないですか?

上段の仕切られているスペースには、ニッパーやハサミなどを斜めに立てて収納することができます。

これって取り出しと収納が超便利そうじゃないですか?

後ろにはポケットがあるので、デザインナイフや定規、筆などの長物を立てて収納することができます。

そのままでは道具のすわりが悪いので、段ボールで仕切って収納している方もいらっしゃるようです。

前方には物置スペースがあり、接着剤とかガイドテープを置いておくのに使えそうですね。

ここにデザインナイフやホルダー付きのスジ彫り道具を寝かせて収納している、道具持ちの方もいらっしゃいます。

下の方には引き出しがついており、無くすといけないパーツや替刃など小物を収納できます。

寸法は173W×228D×93Hとなっており、設置にはB5用紙より一回り小さいスペースが必要になります。

作業机の一角に、いつも使う道具をスタンバイさせておくのにちょうど良さそうですね。

卓上ツールボックス2(木製)はamazon・楽天で売ってない

念のため卓上ツールボックス2を通販で買おうかとamazonと楽天で調べてみました。

結果は・・・残念!

どうやらG PARTSさんから直接通販で買うしかなさそうです。

でも人気商品のため売り切れで入荷待ちなんですよね・・・。

職人が手作りで製作しているそうなので、入荷まで時間がかかるんでしょうね。

購入された皆さんはG PARTSさんのTwitterをフォローして、入荷案内があったら即座に注文しているようです。

うーん、絶対便利だから欲しいけど購入のハードル高そう・・・。

暫定で Like-it オーガナイザーワイド を購入

G PARTS 卓上ツールボックス2 (木製) の入荷時期が分からず、入荷しても虎視眈々と狙っている他の購入希望者さんとの注文バトルに勝てる気がしないので、文具系のツールスタンドを加工して自作することにしました。

amazonを徘徊していて見つけたのがコレ、Like-it オーガナイザーワイド です。

寸法は340W×131D×182Hです。

幅がA4用紙より大きいのですが奥行きが13cmしかないので、そんなにかさばらないかな?と思いました。

1列目と2列目は小分けにされており、クリップや消しゴムなどの小物とペン類の細長物を収納できます。

3列目はA4ファイルが余裕で入るポケットになっています。

スポンサーリンク

プチ加工で自作ツールボックスに変身

プラモデル製作ツールが収納しやすいようにちょと加工し、自作ツールボックス(スタンド)を作ってみます。

2列目の仕切りは数が少ないので、段ボールを切り出して自作します。

前から見た時に仕切りが飛び出ているほうが道具をしまうのに便利そうなので、5mmほど飛び出すように切りました。

側面と背面はこんな感じにカットすることにします。

プラモデル作りのリハビリを兼ねて、Pカッターでカットしていくことにしました。

手持ちの安い木工用のこぎりで切る事も考えたのですが、ペラペラの樹脂を支えながら切るのは難しそうなので却下しました。

ガイドはハイキューパーツの6mmテープです。

一旦全てのラインをPカッターでつなげます。

部分的にPカッターが貫通するようになったら、カッターナイフ(大)で切り離します。

プラモデルの小さなパーツと違いけっこう力を入れながら刃物を扱うので、ケガには要注意です。

間違って指などを切ると、ザックリパックリいってしまいます。

不要部分を切り離した後は、木工用サンドペーパーやアートナイフを使って切断面を整えます。

プラモデルに比べて相手が大物なので、こういう時はデザインナイフよりアートナイフのほうがパワーがあって使いやすかったです。

仕切りの段ボールを入れてはいできあがり。

移動を考えて持ち手は残してあります。

とりあえず周辺にある物をブチ込んでみました。

1列目にはニッパーやハサミ、替刃類、ケース入りのドリル刃・スジ彫り替刃などの小物を配置してみました。

2列目はデザインナイフやカッター、金ヤスリなど棒物の収納にぴったりです。

3列目はとりあえず平物の入れてみました。

3列目にも段ボールで仕切りを工夫するともっと使いやすそうですね。

まとめ

暫定でLike-itのオーガナイザーワイドを購入し、改造して卓上ツールボックス(スタンド)を自作してみました。

整理整頓されて、必要な物が・必要な時に・サッと取り出せると作業もはかどりそうです。

G PARTSさんの卓上ツールボックス2が評判も良く超便利そうなので購入したいのですが、みなさん狙っているようですし・・・。

気になる方はTwitterフォローするといいかもです。

⇒模型用品専門店 G PARTS Twitter

あなたの模型ライフの役に立てば幸いです。

それではまた。

-製作道具・材料

© 2020 リターンモデラー