HG

初心者のガンプラ素組み【HGUC ザクⅡ改】

2019年2月19日

この間SDCSシリーズのザクⅡを作りましたが、今度はもうちょっとリアルなザクを作りたいと思ってAmazonでザクを物色

徘徊しているうちに、頭部が第二次大戦中のドイツ軍のフリッツヘルメット形状に似たHGUCのザクⅡ改を見つけました。

昔ミリタリーモデルでドイツ軍のプラモデルを作った事のある私は妙にリアル感を覚え、無性に作りたくなってポチッたのでした。

だいぶ古いキットだと思いますが、1,000円しなかったのも購入動機です。

(T_T)放置中【HG ザクⅡ改/Bタイプ】 関連記事一覧

続きを見る

スポンサーリンク

HGUC ザクⅡ改 開封・中身確認

それではHGUC ザクⅡ改の中身を確認していきます。

箱の中には

  • 説明書1冊
  • ランナー枠3枚
  • ポリキャップのランナー1枚
  • シール2枚

が入っています。

まずはAランナー。

4色のプラスチック樹脂で成型されています。

続いてBランナー

脚や腕の明るいグリーンのパーツが配置されていますね。

Cランナーです。

武器や関節などのグレー系のパーツが配置されています。

ポリキャップとシールです。

シールはモノアイ部に使うメタリック台紙のシールと、ジオン軍のマーク印刷されたたシールの2種類が付属しています。

これまで立て続けにSDシリーズばかり作ってきたので、このボリュームでもパーツが多く感じますね。

HGUC ザクⅡ改 素組み

それではほぼ説明書の手順に従って素組みしていきます。

私の場合は塗装したりするために後からバラす予定なので、仮組みと言うのが正解かな?

胸部の素組み

まずは胸部の組み立てからです。

先にザクⅡ改本体の胸部を組み立ててます。

先程組み立てた胸部に、コクピットハッチやバックパックを組んでいきます。

あ、背中のバーニア1個忘れてる…。

これで胸部は出来上がりです。

頭部の素組み

HGUC ザクⅡ改は通常タイプの頭部とBタイプの頭部の2種類が付属しています。

左のスキンヘッドが通常タイプ、右のヘルメット形状がBタイプのヘッドです。

両方組み立てて後から付け替えて遊べるので、どちらも組んでいきます。

2タイプの頭部完成です。

モノアイはシールで表現する仕様なのですが、ここでは貼り付けてません。

両腕の素組み

両腕を一気に組みます。

左右の腕のパーツ一式です。

基本的にポリキャップは関節パーツの中に隠れるので、見栄えが良さそうです。

組み立てるとこんな感じ。

右手は1種類しかありませんが、左手はグーとパーの2種類が選べます。

ここまで組んできた物を合体させると、上半身の素組みが出来上がりです。

両脚の素組み

下半身セクション、脚を組み立てていきます。

足首のパーツ一式です。

画像ではカカトが別パーツになっているので可動式か?と思ったりしますが、そんな事はなく固定式です。

足首出来上がりです。

先程の足首と下腿パーツです。

ひざ下まで組みあがりました。

なお、ふくらはぎ外側のバーニアを付け忘れています。

大腿部のパーツです。

これで両脚の素組みは完了です。

腰部の素組み

腰部のパーツ一式です。

組み立てて両脚と合体させると下半身の出来上がりです。

スポンサーリンク

HGUC ザクⅡ改 素組み完成

上半身と下半身を合体させてHGUC ザクⅡ改の素組み完成です。

個人的に好みのBタイプの頭部をのっけてみました。

あ、ちなみに武器は2種類付属です。

マシンガンは基本左右のモナカ合わせ構成、ヒートホークは1発成型となっています。

次はザクⅡ改の素組みギャラリーです。

あなたの模型ライフに役立てば幸いです。

それではまた。

(T_T)放置中【HG ザクⅡ改/Bタイプ】 関連記事一覧

続きを見る

-HG

© 2020 リターンモデラー