HG

ガンプラ素組み【HGUC RX-78-2 ガンダム】上半身編

2018年10月17日

初めてご対面した復帰2品目のガンプラ・RX-78-2ガンダム様、意外と細くて華奢で小顔でした。

リック・ドムに比べて1つ1つのパーツが小さく繊細な作りです。

「今の私の腕前ではこんな小さなパーツのディティールアップとか無理だな~」と思いつつ、とりあえず素組みしてみます。

スポンサーリンク

胴体の素組み

それではいってみましょう。

最初はガンダムの胴体から素組みしていきます。

胸のパーツをタミヤの薄刃ニッパーでランナーから切り離していきます。

青い胸のパーツに、黄色のダクトと肩・腰のポリキャップを組み込みます。

背中と腹、腰のパーツを用意します。

組んであった胸のパーツに、ガンダムの背中・腹・腰を取り付けます。

薄刃ニッパーとモデラーズナイフだけの処理なので、肩のゲート跡が目立ちます。

首回りとバックパックのパーツを切り出します。

首の黄色いパーツとポリキャップ、グレーのバックパック・バーニアと白いビームサーベル取り付けます。

これでガンダムの胴体の素組みは一通り完了です。

頭部の素組み

RX-78-2ガンダムの頭部パーツ一式です。

かなり小さいパーツがいくつかあるので、無くさないように気を付けましょう。

カッティングマットに10mmと5mmの方眼がプリントされていますが、それと比べるとパーツの大きさが分かります。

おでこの赤いパーツや目のクリアパーツの組み立ての時には、ピンセットがあったほうがいいかもしれません。

目の奥の赤いパーツには、先にシルバーのシールを貼っておきました。

クリアパーツの上から黄色い目のシールを貼ることもできますが、今回はクリアパーツを生かす事にします。

シルバーのシールを貼る部分は奥まっているので、手持ちのWAVEピンセットツル首タイプを使いました。

胴体と頭部をドッキングしてみます。

ライトがあたると目の奥のシールが反射して、キラキラしていますね。

胸の黄色いダクトフィンも奥行感があっていい感じです。

しかしガンダムは顔も小さくスリムですね!

放置中のリック・ドムと比較してみるとボリューム感が全然違います。

並べると正統派アイドルとマツコ・デラックスのように見えるのは、私だけでしょうか?

スポンサーリンク

両腕の素組み

両腕の組み立てに進みます。

白い肩のパーツは左右同じ番号です。

グレーの腕の中に納まるフレームは、左右でほぼ同じ番号なのですが、手首関節になるC1とC2だけ番号が違うので注意しましょう。

肩と腕フレームの組みあがりです。

両腕の外装類のパーツです。

腕フレームに下腕・上腕・肘の外装を付けた後、肩パーツと合体させます。

下腕パーツの番号違いと、差し込み時の上腕パーツの向きに注意しましょう。

両腕の素組み完了です。

ひじ関節が2重になっているので、かなり稼働しそうですね。

同時に握りと平手も左右分製作します。

最近のガンプラの平手の出来具合、とても感心しています。

上半身の素組み完成

これで上半身の素組みは完成です。

素直に説明書通り組めば30分かからないんじゃないでしょうか?

私は目のキラキラ感や胸ダクトフィンの深さ、腕の2重関節、平手の精密感がお気に入りです。

また今回使った道具はタミヤの薄刃ニッパーモデラーズナイフ、細かい部品のピックアップにWAVEのピンセットの3点のみです。

たったこれだけの道具で素組みして、こんなに精密なガンダムのプラモデルができてしまうなんて、恐るべし今時のガンプラ!

次は下半身と装備類の素組みにチャレンジします。

それではまた。

スミ入れ・部分塗装【HG ガンダム】関連記事一覧

続きを見る

-HG

© 2020 リターンモデラー