HG

ガンプラ【HGUC MSM-07S シャア専用ズゴック】開封レビュー

2018年10月24日

25年ぶりのプラモデル復帰3品目は、ガンプラ【MSM-07S シャア専用ズゴック】にしました。

1作目のリック・ドムは、手首のポリキャップを組み間違えたまま合わせ目消しのため接着してしまい、放置中になってしまいました。

2作目のRX-78ガンダムはガンダムマーカーで墨入れと部分塗装に挑戦してみましたが、途中焦ってミスしたため、微妙な状態です。

25年のブランクがあると初心者同然なので、プラモデル作りの勝手も忘れてしまっています。

そんな訳で初心者向けのガンプラを探していたところ、シャア専用ズゴックが良さげだったので買ってみました。

スポンサーリンク

パッケージ シャア専用ズゴック

それではMSM-07S シャア専用ズゴックのパッケージを味わって見ていきましょう。

箱絵に描かれているのは、シャア専用ズゴックがジムを貫く有名なシーンでしょうかね?

私はアニメを見たことがないので存じ上げてませんが、当時のガンダムファン達の記憶に残る名シーンということです。

パッケージの説明によるとシャア専用機のS型は選りすぐりの部材が使用され、パイロットによっては白兵戦用機並みの戦果をあげたそうです。

手足の蛇腹関節も再現されており、3本爪も動くので色々なポーズがつけられそうですね。

説明書 シャア専用ズゴック

ズゴックの説明書を見ていきます。

表の見開きです。

カラーガイドが付いているので、塗装する際の参考になります。

裏の見開きです。

ズゴックのストーリー上の解説や機体の説明がされています。

こういう演出があると、アニメを見たことがない私でもガンダムの世界観に引き込まれていきますね。

組み立て説明の前半です。

組み立て説明の後半です。

武器類もなくパーツ数が少ないので、これだけの工程で完成することができます。

スポンサーリンク

ランナー・パーツ シャア専用ズゴック

シャア専用ズゴックの中身は、プラスチックランナーが3枚とポリキャップランナーが1枚、ホイルシールが1セットとなっています。

A1パーツランナーは多色成形のスチロール樹脂製です。

頭部の成形色が思ったより鮮やかでピンクに近い色ですね。

A2パーツランナーはABS樹脂製です。

最近は改善されているとの事ですが、ABS樹脂はエナメル塗料で塗装するともろくなって割れるそうなので注意が必要です。

Bパーツランナーです。

足裏にもしっかりディティールがついてます。

ポリキャップとホイルシールです。

お腹のコクピットハッチとモノアイはシールで色分けするんですね。

ピンクのモノアイをシールで再現できるのはお手軽でいいですが、個人的には一手間加えたいところです。
(まだやった事がないのでウデがついていくか分かりませんが)

まとめ シャア専用ズゴック

シャア専用ズゴック、パーツ数が少ないのでサクサク組めそうです。

それでいて可動範囲も十分そうなので、幅広いファンが楽しめそうですね。

初心者にとってはパーツが多く造形が複雑なキットより、こういうプラモデルが製作に集中できそうです。

あなたの模型ライフの役に立てば幸いです。

それではまた。

(^_^;)一時停止中【HG シャア専用ズゴック】関連記事一覧

続きを見る

-HG

© 2020 リターンモデラー